資格は必要になるのか

塾講師になるために資格は必要なのか?というと、これは必要ないというところが多いです。塾では学生アルバイト講師も雇用するくらいですから、プロ講師になるために教員免許を取得している方が有利となる事はあっても、必ずしも資格が必要、ということはありません。

資格動向よりも、塾の講師として必要なノウハウ、技術、指導能力があるかどうかが問われます。学生アルバイトでは、塾の中で研修などを行い、ある程度塾の講師としての指導方法を得てからお子さんの指導に当たるようになります。大手塾のプロ講師になる際には、採用試験で雇用されてからも、指導のための学力テストなどを実施し、子供への指導がしっかりできるかどうかを判定されます。

最近は塾でも講師の質を高めようという動きが強いので、学生アルバイトに関しても一定の試験を受けさせ、指導能力があるかどうかを把握する塾も出てきています。資格的な問題よりも、子供が集中力を持って話を聞くことができる指導ができるのか、最終的に中学受験時、合格レベルに達する学力をつけることができるのかということが問題です。

ある意味、資格があれば採用されるという世界よりも、実践してみてどうなのかという講師の質を問われる求人となる方が難しいと感じます。