予備軍から講師になる塾もある

中学受験講師になるための道は、まず求人に応募して採用され、予備軍から徐々に講師に上がっていくという方法で塾講師の育成を行っている塾もあります。

予備軍して採用されその後、採点や模試の監督を務める役割のスタッフとなり、次に準講師となる、そして最終的に講師のための登用試験をクリアした人が正式に講師になれるという方法です。

少子化となっている今、塾では塾生をどう増やすかに力を入れています。どの塾に行くか検討する際、やはり魅力ある講師、実力ある講師がいる塾に行きたいと子供も保護者も考えるでしょう。そのため塾では、魅力ある講師の人材育成に力を入れているところが多くなっているのです。

最初から講師として採用するのではなく、その塾のやり方に慣れていってもらい、試験を受けながら講師となっていきます。講師になってからも生徒にアンケート等をとり、支持率が塾指定の数値を下回ると準講師などに降格するというシステムです。働く方としては厳しさを感じますが、塾講師の質を落とさないためにも、こうしたシステムで講師の質を高くする塾も出てきています。

塾講師になる、また安定した働き方をするには、やはり塾講師になる前、なってからも、しっかり努力することが必要だと理解しておく方がいいでしょう。