採用後も学習が必要

中学受験をするお子さんたちに指導する塾講師、この立場に立ちたいと求人に応募する毎日を送っている方々は、塾講師になってからも働く塾によっては、中学受験に対する問題集などを数多く解くことを課されることがあるということを知っておきましょう。

中学受験の入試問題は、各学校によって傾向が全く違います。有名進学校、また特に中高一貫教育を行う学校はかなり入試問題が難しいといわれています。小学校では解くことがない難解な問題が平気で入試に出てきたり、物語や文章の解読力がないと解けない問題であることも多いです。

そのため、どの学校を受験するお子さんにも、そのお子さんの志望する学校に適した指導を行っていくことが必要となるため、塾講師もその年代にあった問題を理解し、その年代の解き方でお子さんに指導する能力を養っておくことが重要です。

塾によってはこうした入試問題に塾講師本人が取り組むということをしないところもありますが、将来塾講師としてプロを目指すというつもりがあるのなら、塾の指導について多数の課題をクリアさせる塾の方が力もつきます。

大学現役生が塾講師を務める場合も、その指導が知識となっていくでしょうから、講師としての志が高い塾を選択するのも自分のためになるでしょう。