コミュニケーション能力も必要

中学受験にチャレンジするお子さんを指導するということは、そのお子さんだけに関わるだけではなく、そのお子さんの保護者の方にも関わる事があります。高校生の場合、ご両親とかかわることは少ないと思いますが、中学受験を行うということはまだ受験生は小学生ですから、保護者の方が指導する塾講師とかかわる事も多くなります。

成績のこと、これからの志望校のこと、中学受験の情報などについていろいろなことでかかわりを持つことになりますので、指導力ばかりではなく、コミュニケーション能力も必要となります。

塾の講師を志すなら、ご両親や指導する生徒のほかにも、たくさんの人とのかかわりを持つことになります。塾の講師の先輩、塾講師を指導する専門家もいると思いますし、一緒に働く講師、塾の事務、室内の清掃をされるパートの方、様々な人とかかわることになります。

人を指導するという立場に立つのですから、指導する能力だけではなく、相手としっかりコミュニケーションをとり、相手の気持ちにたって物事を考える力が備わっていくことも必要です。塾の講師になる前に、ただ、指導するということばかりではなく、色々なことに関して自分も学習していかなければならないということを理解しておきましょう。