塾基準の学科試験がある

塾講師を希望するということは人に学習の指導をするということになります。中学受験の塾の講師ということは、小学生に指導することになりますが、小学生だからといって簡単ということはなく、かえって中学受験だからこそ難しい局面がたくさんあり、そのことを理解していなければなりません。高い学力と共に応用力なども必要です。

こうした学力や応用力があるかどうかを確認するため、多くの中学受験の塾では、学力テストを行い、その結果と面接、履歴を総合的に判断して塾講師としての採用基準としている塾が多くなっています。

中学受験ではなく高校、大学受験の場合、東大、京大、慶応などの有名大学在学生、また卒業という経歴を持っている方は、履歴書提出、面接のみで採用ということもありますが、中学受験では多くの塾でどのような大学在学、卒業でも学力テスト、面接を実施するということが多いです。有名大学だろうがなんだろうが、今、求人に応募してくる時点での学力をしっかり知っておきたいということでしょう。

小学生を指導するのは小学生という年代で学習することにプラスしながら教えていかなければなりませんので、高校で習った公式に当てはめるとか、中学で習った言葉を利用するなどができません。こうした難しさがある小学生への指導ですから、学力テストを行い、塾講師としてふさわしいかどうか確認するのは当然でしょう。