中学受験の質を知ること

中学受験を行う子供たちを合格に導くための塾講師になるためには、中学受験について知識を持っておくことが必要となります。高校受験や大学受験などはある程度学校によって出題傾向があり、レベルに合わせた受験となりますが、中学受験はかなり厄介です。

中学受験の入試問題を見ると、「え?こんなこと小学校の教科書で学習していないよね?」というようなことや、連立方程式なんて中学校2年生でやる問題じゃないの?とびっくりするような問題が出題されていることがわかります。

中学受験の塾講師を目指すという方は、まず、中学受験で出題された過去の問題を確認してみてください。指導するのは小学生なんだから、自分だって十分できるなんて思っていると、あまりのレベルの高さにびっくりしてしまいます。

教科書だけをメインに学習させるのでは、中学受験は決して受からない、中学の問題でも解くことができる力を持たせるのが、中学受験の塾講師に求められる力です。

進学塾で中学受験の担当をしている講師は、高校や大学の指導を行うことができる講師が受け持っているということもあるくらいです。つまり、中学受験の求人に応募する前に、非常にレベルが高い世界なのだということを踏まえ、常に指導を行う前に自学などが必要となる事を理解しておく必要があるのです。