求人応募の前にお給料の確認を

学生さんのアルバイトで将来塾の講師や教師となりたいと考えている方なら、お給料面よりも指導の仕方のレクチャーがあるとか、指導方法に特殊な技術がある塾などへの求人応募がオススメです。こうした塾でアルバイトすることで指導能力を付ける事ができるのですから、この場合、目的は自分の技術であってお給料は二の次です。

生活を成り立たせるため、また出来るだけ高いお給料のアルバイトがいいと考えるのなら、塾講師の求人の給料をよく理解する事が必要となります。ここで理解しておきたいのが、講師のお給料の特殊な言葉、「コマ」です。よく講師の求人を見ると1コマ○○○○円と掲載されています。この1コマとは、行う授業1科目です。例えば中学受験の塾で算数を指導する場合、その授業一つについて1コマです。

1コマが何分の授業になるのかは塾によって違いがありますので、時給換算していくらになるのか知っておかないと、給料に大きな差が出てきます。1コマを1時間と勘違いし、1コマ1700円を時給1700円で換算してしまえば大誤算です。

個別指導塾でだいたい時給1000円から1500円くらい、集団塾講師は経験年数に寄りますが、スタートは時給換算してだいたい1600円程度と考えておく方が無難でしょう。集団塾講師で名が上がっていき経験年数が高くなれば、時給換算して2000円以上となる方もいらっしゃいます。