中学受験の集団型塾

昔は進学塾というと集団塾で、学力によってクラス分けがあり、塾によっては模試の結果や学力順位を貼りだすなど競争心をあおり受験戦争に打ち勝つ!などを指針としていたところがほとんどでした。でもこのやり方では勉強に積極的で向上心が強いお子さんの学力が伸びても、落ちこぼれを作る要因ともなっていました。

集団型の塾は講師1人に対して30人から40人ほどの生徒を指導します。テレビなどで人気塾講師として登場している先生も多いですが、ほとんどの先生が集団指導型塾の先生です。他とは違う特化した講義内容で生徒の心をつかみ、魅力ある講義で指導する生徒たちを勉強に引き込んでいく力が必要です。この力を持っている講師は他の塾から引き抜きされるほどの人気で、報酬も高くなります。

講義に工夫を凝らし、いかに生徒を引き付けるか、魅力ある講義ができるかを深く考える必要がありますので、学生アルバイトよりも専任講師が多いという現実もあります。講師のプロが求人応募する事が多いのが、集団指導型塾といってもいいでしょう。学生も講師として頑張っている方がいますが、その先に教鞭をとる事がないのなら、集団指導型塾は拘束時間も長くなりますしプロ意識も必要となりますので、学生アルバイトなら個別指導塾の方が向いていると考えた方がいいでしょう。